ブログBLOG


着付けの際の注意事項・持ち物

着物
お手持ちの着物を、ご利用当日、もしくは1週間前までにお持ち頂き(郵送も可)、ご利用当日にサロンで着付けを致します。山野流の1級着付け師による高い技術で「崩れない、苦しくない、歩きやすい」着付けをしております。また、お着物に合わせたヘアメイクも一緒にご提案させていただいておりますので合わせてご利用くださいませ。 

持ち込み着物についてのご注意事項

・お着物

・帯

・帯揚げ

・帯締め

・伊達衿(注1)

・肌襦袢

・裾よけ(注2)

・長襦袢

・衿芯

・腰紐 5本

・伊達締め 2本

・コーリンベルト

・帯枕

・帯板(注3)

・三重仮紐(注4)

・補正用タオル 4枚(注5)

・足袋

・草履

・バッグ

・髪飾り

・髪型の参考画像(注6)

・帯結びの参考画像(注7)

(注1)小紋、又はお持ちでない方は不要 (注2)ワンピースタイプをお持ちの方は不要 (注3)振袖の方は前板と後板 (注4)振袖の方のみ (注5)薄手のもの(注6)ヘアセットご希望のお客様のみ(注7)飾り結びの場合

その他ご注意事項

・お荷物のお預かりはできかねますので、当日はコンパクトにまとめてお持ちください・お着物のしつけ糸は必ず外した状態でお持ちください・前びらきのお洋服で、胸元にボリュームの出にくい下着をおつけの上ご来店ください(和装用ブラ等)・長襦袢の半衿は必ず付けた状態でお持ちください